こんにちは!!リンクスの石井です

いやあ、眠い!!

昨日は以前の職場の方と飲んで早めに終わったんですが
なぜか寝付けず・・・結局就寝が3時前になってしまいました!
いかんですな

そして今日は23時から日本VSポーランドですね!
うん、もう、これは、あれですね。
たっぷり睡眠は週末までお預けにしようと思います!!笑



さあて、そんなの知りませんがなとばかりに
本日もリンクスはガンガン営業中!!
お天気どんよりですが、よくぞ来られました!!

「そんなの当たり前じゃん」

そう思う人もいるかもしれませんが、
当たり前ではありませんよ!!


だって、天気の悪い日にどこかに出かけるなんて、
めんどくさいじゃないですか。


満員電車はただでさえ不快なのに
周りの人がびちゃびちゃなもんだから服とか濡れちゃうし、
そもそも傘を差すってのがめんどくさいです。
傘は開くと場所とるから人とすれ違うのに普段以上に神経使いますし、
しかも傘差したってちょっとは濡れちゃいますからね。

そんなめんどくささを押し殺して
出勤・通学しているだなんて、すごい事ですよ!!


だから、誰も褒めてくれないけど
天気の悪い日に仕事に来るってのは、
それだけですごいことなんだぜ。
とまずは自分を褒めましょう!!




んで今日の日課は午前PC作業からの午後座学!!

PC作業、みなさんとても集中されております!!
パソコンが苦手な方もタイピングの速度がどんどん上がっております!
来た当初、1時間かけてWord2,3行しか打てなかった方が、
1ヶ月通った今、同じ時間で半ページ以上打てるようになりました!!
速度にして約10倍!!!イイネ!!


リンクスにくればこのくらいは「当たり前」です。
Word, Excel, PowerPoint。
全くできなかった人が2ヶ月後には事務職の人と遜色ないレベルになってます。
もっとやりたければさらに専門的なことも学べます。
パソコン教室通うぐらいだったらぜひウチに来てください。
多くの人は無料だし、昼食は全員無料だし。




ということで、リンクスの宣伝でしたあ。
ちょっと情報商材系のアレな文章になってしまったな
チョレイ




んで、午後。座学。
今日は「チームワーク」について学びました。
せっかくだから書き記しておこう。


ティンティンティティン・トゥトゥントゥン石井がお送りする、
「チームワーク」


「チーム」と「グループ」の違い

チームとグループの違いは「目的の有無」です。

チーム :特定の目的を持った集団
グループ :特定の要素で括られた集団


チームワークとは

チームワークとは、
「特定の目的を持った集団の活動およびその質」
を指します。

これは試合や会議、仕事など様々な場面で必要とされます。

チームの目的を達成するためにはチームワークを
高めることが大事です。


チームワークの高め方

チームワークを高めるには次の3点を意識しましょう。

[チームワークに大事なこと]
1. 目的を理解しているか。同じ目的(目標)に向かっているか。

チームの目的を理解できているか。
これがもっとも大事かつもっとも見失いがちなことです。

以下のような人がいる場合、
その人は高い確率でチームの目的を理解していないか、
同じ目的や目標に向かっていない状態だと言えます。

・議論に入ってこない
・反論ではなく単純に愚痴や不平不満を言っている
・関係のない話が多い
・その他消極的な姿勢を見せる


このような、いわゆる「足を引っ張る行為」をしている場合、
目的を理解していないか同じ方向を向けていないので、
現在進行中の議論を一度置いて、目的を今一度確認しあった方が良いでしょう。


2. 自分の役割は何か

自分の役割とは、「決められた役割」(FWや司会など)に加えて、
場の空気を盛り上げること(ムードメイカー)や必要なものの準備をすることなど、
「自分で決めた役割」のことも指します。

チームの全ての人は、必ず何かしらの役割を持っていなければなりません。
職務上は無役だったとしても、アイデアを出したり、資料を準備したりなど
チームにいる以上は何かしらの役割を持っていなければなりません。

チームは「特定の目的を持った集団」なので、
何の役割もないという人がもしいた場合、
その人はチームに必要ないということになります。

以下のような状況にある場合、
チーム内で自身の役割を理解していない人がいるか、
その部分に関して誰も役割を持っていない、
もしくは役割が機能していない状態だと言えます。

・断続的に同様の問題が発生する
・致命的な問題が発生する
・議論が起こらない、または議論が浅い

いわゆる「チームの成果に表れる問題」がある場合、
役割に関する理解不足や機能不全が考えられます。

誰がこの役割を担っているか今一度確認し、
役割を理解しているか、
役割の機能を阻害する要因はないか
について
確認した方が良いでしょう。


3. コミュニケーション

もっとも大事なのがこの「コミュニケーション」です。
先の1と2はいずれもコミュニケーションが密接に関わっています。

「足を引っ張る人は、チームの目的を理解していないか、
同じ目的や目標に向かっていない状態だと言える」、
と先ほどお話ししましたが、
そもそもその人が足を引っ張っているのはなぜでしょう??


…そうです。コミュニケーションが足りないからですね。
その人とのコミュニケーションがちゃんと取れていれば、
足を引っ張る人は出てきません。


役割の理解不足や機能不全に伴う問題も、
コミュニケーションで解決できることが多いです。
風通しの良いコミュニケーションが出来ていない故に
起きた問題を私たちはたくさん知っているはずです。


「コミュニケーションはチームワークにおいてもっとも大切」

当たり前のことのようですが、
出来ていないところがとても多いことに気付かされます。



ノイズをどうするか

チームの妨げになる「足手まとい」。

彼らはチームの目的を理解できていないこと、
同じ方向を向いていないことが原因で生まれると先ほどお話ししました。

愚痴や不平不満、関係のない話など、
彼らの発する言葉は「ノイズ(騒音)」と呼ばれます。

議論の役に立たないだけならまだしも、
聞いていてうんざりするし、ストレスだと感じますよね。

そういうときはどうすれば良いのでしょう?

そう。ストレスコーピングですね。
※ストレスコーピングについてはこちらの記事をどうぞ。


具体的にはこういった方法があります。

[ノイズ発生マシーンを大人しくさせる3つの方法]
1. 今やっていることの目的が何なのかを一緒に再確認する


この方法がもっとも望ましく、
もっともストレスフルな解決方法です。

ノイズの発生原因は多くの場合、
「チームの目的を理解できていないこと、同じ方向を向いていないこと」です。

ですので、
「今みんなでやっていることの目的は何なのか」について
その人に質問してみましょう。
問題焦点型ストレスコーピングですね。


このとき大事なのは、具体的なクローズドクエスチョンで、
刺々しさを出さず穏和に聞く
ことです。

「何でそういうことするんですか?」

この聞き方は確認ではなく批判ですので絶対にやめましょう。
※何故批判なのかわからない方はこちらの記事をどうぞ。

「この目的は何なのか、わかりますか?」

こういう感じで聞いてみてください。
ただし、声のトーンや言い回し次第で馬鹿にしてるなどと
捉えられかねないので、言い方には十分注意してください。


ノイズ発生マシーンと接する上で一番大事なのが、
「この人は何を考えているのか」を考えることです。

「んなもん考えたくもねぇよ!!」

おっしゃる通りです。
ただ、こう考えるだけで、
目的の再確認時のストレスが軽減されます。

これはストレスコーピングに置ける情動焦点型”発想転換”です。

「ああ、この人何もわかってなくてストレスを感じてるんだろうな」
「特定の人としか話してなかったから疎外感を感じたんだろうな、申し訳ないな」
「疲れてイライラしてるんだろうな」
「早く同じ方向向いて建設的な議論しよう」
「たぶんこの人にしかわからないことがあるはず」
「早く帰りたそうだし集中できてないんだな」
「この議論がどれだけ大事かをちゃんと伝えよう」

ノイズ発生マシーンに目的の再確認をするのは
とてもストレスがかかります。
ですので、発想転換を使い、ストレスを軽減しながら
チームワークを高めていきましょう。


2. 役割を与える

役割を与えてしまうことで、少なくとも口だけでなく
手も動かしてくれます。
与えられた役割に集中してくれれば口もつぐんでくれるかもしれません。

ですが、これは目的部分の確認ができていないので、
ノイズは引き続き垂れ流されます。
役割自体を引き受けてくれない可能性もあるでしょう。

ストレスコーピング的には
問題焦点型コーピングと情動焦点型"気分転換"のハイブリッドといったところでしょうか。

1の方法よりストレス負荷は少ないですが、
ノイズの根本解決にはなりません。



3. 一旦無視する

これは非常にわかりやすく、もっとも簡単な対策です。

ストレスコーピング的には"気分転換"にあたります。

ストレスコーピングの時に
「"気分転換"は問題を脇に置くだけなのでリスクがある」
とお伝えしました。

この方法のリスクは
「今後その人とのチームワークが難しくなる」です。

「もうこの人とは2度と会わない、どうでもいい」という場合は
積極的に使っていっていい
と思いますが、
継続的にチームワークが強いられる状況の場合はなるべくなら回避した方が良いでしょう。


ちなみに、「怒る」や「殴る」なども
この分類に入りますが、上記のリスクがほぼ確実に発生しますし、
このご時世だと訴訟問題などに繋がる恐れもあります。

もう大人ですし理性的に発想転換と適宜気分転換を交えながら
問題解決型のコーピングに持っていけるよう心がけていきましょう。
とはいっても怒りたくなりますよね。だって人間だもの。笑

そういう時は終わった後にその人のいない場で飲んだりしながら
愚痴をこぼして気分転換しましょう!!
気分転換だけじゃダメだけど、気分転換は大事ですよ!!!



























そんなかんじです。

実は今日これから、リンクスを作るために作った法人「山正」が
できて2年目になりましたよ、ということで、
設立後初の総会をやるんですね。
大わらわだよぉぉぉおお!!!!


おかげさまで理事のみなさまにはいい報告ができそうです!!
1年目の山正はほとんどリンクスの準備でした。
2年目の山正は、事業所もできたし、利用者さんも増えてきているので
このままどんどん飛躍していきたいですね!!
もっともっとがんばるぞうい!!!
リンクス4コマ漫画64