こんにちは!!リンクスの石井です

いい天気ですね!!
石井は!!
今日は!!
半袖短パン!!!
カモォォオオオオオオン!!!!


ということで今日の一曲

Daft Punk ft. Pharrell Williams, Nile Rodgers, and Stevie Wonder「Get Lucky」

「Happy」で有名なファレルですが、
「Get Lucky」で2014年のグラミー賞をかっさらった時のライブは
鳥肌モノですね。

ナイルロジャースやスティービーワンダーなど錚々たる面々はいるけど、
この曲を作ったDaft Punkがいない!!
・・・・と思いきや・・・!!!
めちゃくちゃいい動画なんでぜひ見ましょう!!
ちょこちょこ映ってるオノヨーコとスティーブンタイラーもいい味出してます。



ってな感じでテンションMAXな今日もリンクスは営業中!!!!

今日は午前座学!!午後履歴書作成!!!


午前!!座学!!!
今日は「面接」についてやりました!!!

簡単にまとめとこう


「面接」
採用選考は大きく書類選考面接の2つがあります。
大概の企業は面接を行いますので、採用に繋がるようにするためにも、
ここで面接の極意を学びましょう!!!!

面接の流れ
※注意事項
あくまでもパターンの一つです。
例外の方が多いので、
「こうしないといけないんだ…!」などという危険思想は持たないでください。

[入室]
・ドアノックは2回しましょう。まあ3回でも4回でもいいです。
→調べたら2回はトイレの空室確認の意味なんですね。間違って教えちゃった。まあ2回でもいいです。
 ゆっくりノックすればいいです。そこで合否は決まらない。

・返事がきたら、「失礼します」と言って入りましょう。

・軽く会話します。「よろしくお願いします」など言ってください。
 「座ってください」と言われるまでは座らないようにしましょう。

[本題]
・アイスブレイク(関係ない話題)があるかもしれません。
 面接官がリラックスさせ(し)ようと思ってやってくれていることなので、
 会話を楽しんでください。

・自己紹介を求められますので、名前ともう2,3情報を加えて自己紹介しましょう。
例)「波鳥羽一郎です!三重県から来ました!本日はよろしくお願いします!」

・履歴書について聞かれます。事前に想定問答をして、答えに窮する確率を減らしておきましょう。
 特に「空白期間」については必ず聞かれると思って、答えを準備しておきましょう。
 その場で考えて即座に回答するには難しい質問です。
 例)職場で精神を患って自宅療養しておりました。その後回復が見込まれたのでトレーニングを積んで、今は問題ありません。(オープンの場合)

・仕事についての質問があります。
 給与、勤務体系などについて要望が出てくると思いますので、
 あらかじめ自分で譲歩できるラインを決めておきましょう。
 なんでもかんでも「できます」「やります」とすると、不幸な職場に配属されることになるかもしれません。
 そういうところは落とされた方が幸せです。

 何度も言いますが、「就職は所詮スタート」です。

 ただし、やりたいことだけやるのも不可能に近いので、
 トレーニングや選考の結果などから定期的に譲歩できるラインを見直すことも検討しましょう。

・面接の最後に「何か質問などありますか?」という質問が投げかけられます。
 事前に準備などしておきましょう。

・質問内容は自分の配属されそうな現場にあったレベル感のものにしましょう。
 アルバイトやパートで現場の担当を希望しているのに、
 「御社の経営方針は…?」「今後の事業展開は…?」などという質問は不適切です。
 下手をすれば「イキってるな」という印象を与えかねないので注意しましょう。

・もしどうしても思いつかなかったり緊張で飛んでしまった時は、
 「(すみません、)思いつかないのですが、頑張りたいと思いますのでよろしくお願いします!」と
 意気込みを伝えてください。
 入りたいという意欲があるのに何も伝えないのはもったいないです。

[退室]
・「ありがとうございました」「失礼します」と言って立ち去りましょう。
 部屋を出るまでが面接です。



面接のポイント

1. 見た目
面接の9割は見た目で決まります。
見た目が良ければ他がイマイチでも採用されます。
●イバーエージェントみたいに顔採用を公言しているところがあるぐらいです。
美しいは正義。

「なんで見た目が大事なの?」
ずっと一緒に働く仲間です。
ブサイクより美人やイケメンの方がいいでしょう。
少なくとも葬式みたいな顔をしているよりは明るい顔の人の方が
一緒に仕事してて楽しいはずです。

それだけではありません。
なぜ見た目が大事かというと、
見た目は自信に現れやすいからですね。
んで、自信は成果に現れる。

自信がなさそうな人は他人からナメられる。
「こいつ、チョロそうだな。」
ナメられてるのがわかると、おどおどしてしまう。
そんな状態で仕事をしても、100%の力が出せるわけありません。

自分を信じる、つまり自信を持つことは
仕事をする上で必要なコンディションです。

自分ですら自分のことを信じてなければ
他人から信じられない、つまり仕事を任せられないのは当然の成り行きです。

見た目がネックで自信が持てないのであれば、
見た目を良くしていくしかありません。


「でも私ブスだし・・・」
「僕も顔に自信がない・・・」

せやね。
ある程度は生まれ持ったものだからしょうがない。
ですが、要は自信です。
以下の部分は行動で変えられますので、
もし見た目に自信がない人はぜひやってもらって、自信をなくす要因を排除していきましょう!!

[体]
自信がない(コンプレックスな)部分は直せるだけ直す、もしくは割り切ってください
石井は割り切りの塊です

[表情]
笑顔、明るく

[身だしなみ]
清潔感のある格好で。一番お手軽にどうにかできる部分です。

[姿勢]
背筋を伸ばす、前を向く


2. 応答
見た目が一番大事ですが、面接内容もないがしろにしてはいけません。

大きくは以下の3点を意識しましょう。
[印象]
ハキハキと、明るく、落ち着いて前向きに回答しましょう

[簡潔さ]
聞かれたことだけ答えましょう
ちょい足しも有りですが度がすぎるのは問題です
あくまでも「会話」です、相手の立場に立って

[ノイズ]
なるべくない方が望ましいです


3. 内容
大事ですが、他と比べて重要度は低いです。

[適切さ]
質問に合った回答をしましょう。意外とできないんだなあこれが
自己PRを求めているのに志望動機まで言っちゃうパターンとかがよくあります

[採用方針と合っているか]
「週5勤務」「残業」など、要望に対してどれだけ「Yes」と言ったかです。
これはもちろん全部「Yes」と答えた方が採用されやすいですが、
なんでもかんでも「Yes」と答えて入った会社なんてロクなもんじゃありません。
最悪1週間で心身を壊してやめて、2年以上療養なんてことも考えられます。
そんな会社は採用された方が損なので、笑顔で落とされましょう。




まとめ
面接は準備が9割です。
見た目や応答に関しては日々のトレーニングをベースに、
模擬面接実際の面接、1人でやる場合は鏡を見る、録画するなどして、ブラッシュアップしていきましょう!!

内容は、特に空白期間についての想定問答をしておきましょう!
給与や勤務体系などについては譲歩できるラインを事前に決めておくのも大事です。
「Yes」を引き出すのが上手い人だったり、脅迫めいたことをしてくる人に明確に「No」を
突きつけるには、ラインがハッキリしている必要があります。

そしてそもそもそんな会社を志望しないためにも、企業研究はしっかりとしておきましょう!!







午後!!履歴書!!!
よくできました!!!



そんなかんじです。
ってなわけでね、面接、大事です。

だけど落とされたって別に落ち込むことはないわけです。

落とされたのは別にあなたが劣ってるとかそういうのじゃなくて、
会社の採用方針とあなたの希望が違かったってだけですからね。

「縁がなかった」って本当にその通りです。
下手にそんな会社に入ってしまったら、お互い不幸になってたってことですからね。


大事なのは、「長く楽しく働き続けられる会社で働くこと」
就職はその1歩目に過ぎません。

焦る気持ちも分かります。

ですが、何が大事か。

それを見失わないように、じっくりやってきましょう!
リンクス4コマ漫画153