こんにちは!!リンクスの石井です

冷え込みますねー!!
まだまだお正月ボケ残ってるかもしれませんが、
まあ今週はウォーミングアップぐらいに思って気楽に捉えてきましょう!!!


ってな感じで今日の一曲。

落日飛車(SunsetRollerCoaster)「MY JINJI」

昨今のアジアインディーシーンを牽引する存在である台湾のバンド、
サンセットローラーコースターから一曲。

アジアの音楽シーンって年々レベルが上がっている、
というよりかストリーミング技術の発達で
今まで知らなかった音楽にリーチできるようになりましたね。

こういうかっこいい音楽、どんどん聞いてきたいですな!!!

ってな感じでご一聴あれ!!!


ってな感じで今日もリンクスは営業中!!!

今日は午前PC!!午後就活準備!!!

午前!!PC!!!
集中しております!!!

午後!!就活準備!!!
色々やっとります!!!


そんなかんじです。

今日はニュースから。



兼ねてからこのブログでも書いている「相模原障害者施設殺傷事件」の
初公判がいよいよ明日、1月8日に開かれます。

相変わらず被害者が1人の方を除き匿名な点について。

この事件をただの「頭のおかしい犯人が無差別に障害者を殺した」で終わらせてはいけません。

この事件は
「社会の1人1人がハンディを背負った人たちに対して誤った考えを持っている」
と一石を投じる事件です。

誤った考えというのは具体的に言うと、

「生命には社会に果たしている貢献度に応じて価値があるという、馴染みやすいけれども間違った発想」
「開けられたパンドラの箱」斎藤環先生 寄稿部分より抜粋

です。

今回のニュースでは被害者が匿名であることについて言及しており、
今までのニュースから一つ踏み込んだ内容になっています。

社会の1人1人が植松被告を薄めたような存在になっているだけで、
この事件から学びを得ない限り、それが濃くなったもの、すなわち
「第2の植松被告」が再び世に出ることは避けられません。

あなたは生命の価値判断を行なっていないか。
今一度社会に投げかけるべき問いです。

あの凄惨な事件から3年半。
植松聖被告の今の心境はどうなっているのでしょうか。
それに対して司法が下す決断は、一体どうなるのでしょうか。

判決が注目されます。

参考:以前書いた記事
 





そんなかんじです。
年始で体調を壊される方が続出しています!!

気圧・気温も低くなかなかやる気を出すのにエネルギーがいるでしょうが、
無理せずゆっくり離陸していきましょう!!!