こんにちは!!リンクスの石井です

雪が降りましたね!!
今夜も冷え込むということで、車通勤の私は路面凍結が気になるところです!!

ってな感じで今日の一曲。

東京事変「能動的三分間」

椎名林檎さんはこれまでに3度紹介してましたが
東京事変の紹介は意外にも初めてでございます。

「バンドを始めたての女子が最初に『コピーしたい』って思うアーティストランキング」15年連続トップ3(石井調べ)の東京事変。

音楽好きのみならず、音楽好きでない人でさえをも魅了する東京事変は、
日本を代表するロックバンドと言っても差し支えないでしょう。

唯一無二の椎名林檎さんの歌唱力に加え、
才能の塊のようなプレイヤー達による超絶演奏は
音楽に詳しくない人でも圧倒されます。

この「能動的三分間」はそんな中でも特に一般大衆を魅了した曲の一つです。
2009年のオリコンにおいて日本のロックバンドで唯一1位を取ったシングル。

オリコンといえば完全にアイドルの牙城です。
特に2009年はAKBが総選挙を始めるなどで
CD=投票券のような買われ方が始まり、1人のファンが何百枚も買うような頃でした。

音楽よりはルックスやパフォーマンスの比重が大きいCDが跋扈する中で
音楽ありきで1位をもぎ取ったのはとても大きな意味があります。

他にも色々な名作がありますが、
個人的にはこの曲が一番好きでございます。

ってな感じで東京事変、ご一聴あれ!!!



ってな感じで今日もリンクスは営業中!!!


今日は午前PC!!午後就活準備!!!


午前!!PC!!!


午後!!就活準備!!!
色々やっております!!

今日もボードゲームがたくさん届きました!!!
ってことでワクワクが止まらず、
今日は「エバーデール」などをやりました!!
IMG_2837
説明不要ですぐできる簡単なものからガッツリ重厚なものまで。
エバーデールは右下。
説明しきれねぇ・・・っ!!


IMG_2838
なんやコレェ!!??


昨日お話した「ボードゲーム療育」で教えてもらったボードゲームも調達。
リンクスのホームページの「ボードゲーム」には本日時点で「32種類」と
記載ありますが、40種類超えは確実、50種類が視野に入ってきております!!
そろそろボードゲーム会でもするかな
ホームページの更新が追っつかない。

そしてこの「エバーデール」というゲーム。
値段も安くなく、発売直後でありながら高評価が続出していたので
思い切ってポチったのですが、
コイツァ確実に今年のドイツボードゲーム大賞狙えますね。

デザインの美しさ、世界観の素晴らしさ、キャラクターの可愛らしさ、
モジュールの完成度、重ゲーでありながらもわかりやすく、
何度もやりたくなるゲーム内容など、どれをとっても最高です。
この木のモジュールは他のボードゲームにはない「高さ」があるし、インスタ映えしますな。
収納される箱の大きさという既成概念を取っ払ってて素晴らしい


ということでエバーデールのゲーム説明!!
久しぶりィ!!!

[エバーデールについて]
このゲームは「ワイナリーの四季」と同じ、ワーカープレイスメントと呼ばれる
ジャンルのボードゲームです。

<ワーカープレイスメントってなに?>
共有のゲームボードに各プレイヤーが労働者コマを置くことでその効果を実行できるタイプのゲーム。
農場や工場などを経営してその得点を競うゲームが多い。
代表的なものにアグリコラ、ワイナリーの四季、オルレアン、マルコポーロの旅路などがある。

<エバーデールが特徴的な部分は?>
先に書いた世界観の部分(キャラクターが全部動物など)は置いておいて、
ゲームのシステムとしてもっとも特徴的なのは、
季節の進み方がプレイヤーごとに異なる」という点です。

このゲームは冬からスタートして、春→夏→秋と進みます。

秋でやることがなくなったプレイヤーからゲームを抜けていき、
全員やることがなくなったらゲーム終了。
合計得点の多い人が勝ちという流れなのですが、
ゲーム内でのアクションの取り方の違いで、
例えばAさんはいま夏だけどBさんは春、Cさんはまだ冬と言ったようなことが起きます。

周りに合わせず、自分なりの戦略で季節の進む速度を決められるのは
なかなか独特です。


[ゲームの進め方(だいたい。プレイ人数1~4人)]
<準備>
こんな感じで用意します。(3,4人の場合)
めんどいので割愛

IMG_2839
インスタ映えぇぇえええええええええええ!!!!!
きゃわわ

大事な部分としては、木のてっぺんに
季節が変わると増える労働者のコマ、
そして木の下に山札があるという点です。

んで、
プレイヤーは労働者コマを2つ、手札を順番に応じて
5~8枚持ちます。(一番手が5枚、後ろの手番になるにつれ1枚ずつ増やす)

<自分の手番でできること>
自分の手番では以下の3つのうち1つを選んで実行します。

1. 労働者コマをおき、置いたマスの効果を得る
2. 手札もしくは広場においてあるカードを使う
3. 次の季節の準備



1. 労働者コマを置き、置いたマスの効果を得る
ボードもしくはすでに使ったカードの足跡マークが付いている部分に置くことで
その効果を得られます。

労働者コマを置くことで主に得られる効果は
・資源(木材、樹液、石、果実)を得る
・勝利点を得る
・手札を捨てる/得る
です。

資源は手札や広場のカードを使うために使います。
手札は8枚までしか持てないので時には捨てることも必要です。

労働者コマは1手番に1体しか置けません。

また、同じマスに何体も労働者コマを置いていい場所(共有スペース)と、
労働者コマが1つしか置けないスペース(占有スペース)があります。
占有スペースの方が総じて得られる効果が大きいので、
占有スペースは基本的に取り合いになります。


2. 手札もしくは広場においてあるカードを使う
使うというと使ったあとは捨て札に行ってしまうイメージがありますが、
エバーデールのカードにおける「使う」とは「街の一区画に置く」イメージです。
各プレイヤーの街は15区画までで、そこに建物や動物を配備していくイメージです。

つまり、「使ったカードを捨て札にする効果」などを使わない限り、
基本的にカードは15枚までしか使えません。
みだりになんでもかんでもカードを使いまくるとあとで泣きを見ます。(体験談)


カードを使うにはコストがかかります。
コストはカードの左側に記載がありますが、
・木材
・樹液
・石
・果実

の素材を指定数支払う必要があります。

カードには大きく動物カードと建物カードの2つがあります。
動物カードの一部は、前提条件となる建物カードをすでに使っていれば
(1度に限り)ノーコストで使えるものがあります。

それぞれのカードには効果があります。
使った段階で即時発動できるものや、春秋の季節へ変わった段階で再び効果を発動するもの、
使った段階では効果を発動しないけど労働者コマを置いたり特定の条件を満たすと効果を発動するもの、
ゲーム中はなんの役にも立たないけれどゲーム終了時に得点になるものなど様々です。
組み合わせによりシナジーや追加得点を狙えるものもあるのでここらへんはぜひプレイしてみてください。
たのしいよ。


3. 次の季節の準備
労働者コマも使い切り、カードを使うコストも持ち合わせてない・・・。
そうなったら次の季節へ行きましょう。

場に置いた労働者コマをすべて回収して、
木の上に置いた追加の労働者コマを季節に応じて決められた数、手元に加えます。
(春夏1匹秋2匹)
もしこのタイミングで効果を発動するタイプのカードがあれば、その効果も発動します。
夏に限って手札を2枚引きます。


cb5709e744b44cb18876e8ee08f5c0428_25147234_200128_0030
素材を集めて森の中に街を開拓するのぢゃ!!
カードもモジュールも綺麗でカワイイ。


これを繰り返してすべてのプレイヤーが秋を終えたらゲーム終了。
合計得点の一番高いプレイヤーの勝利となります。

カードをたくさん使ってゆっくり季節を進める方がたくさん手番を実行できるので強い気もしますが、
先に季節を進めていると占有マスに労働者コマを置けるチャンスが多く、
また、秋にしか止まれない強力な占有マスもあるのでなんとも言えないのが
いいバランスだと思います。


まだ出たてということでちょいちょいカードに誤植も見受けられるのですが、
そんなの気にならないぐらいすべてが素晴らしい!!



初回は私含め全員インストが必要だったので2時間半ぐらいかかってしまいましたが、
慣れれば1時間以内に終わると思います!!
重ゲーの中ではかなりとっつきやすい部類



まあこんだけ書いたけど実際にやってみた方が早いしたのしいです!!
文章の意味よ

ってな感じでエバーデール、お試しあれ!!!





そんなかんじです。
気づけば夜。アゥヮヮヮ

今週〜来週はボードゲームも利用相談もたくさん来るので覚えること満載でございます!!
ありがてぇありがてぇ
脳みそ使ってこう!!!