こんにちは!!リンクスの石井です

あったかいですね!!
ATTAKAI


ってなかんじで今日の一曲。

はっぴいえんど「風をあつめて」

ジャパニーズロックの草分け的存在、はっぴいえんどから代表曲。

まずはこの曲を聞いてください。

温かさのある、落ち着くメロディー。
誰もが自分の育ってきた家や街並みの風景、幼少期の自分を想起させられる、そんな曲。
家みたいな曲。
セピア。
語彙力。

何これ。なにこの新しいも懐かしい感じ。
いつ発売された曲なの?


この曲が出たのは1971年。
そう、50年前の曲です。
衝撃。まさに衝撃。

名曲は色褪せず、時代がどれだけ移り変わっても常に良い。
常に新鮮な感動をもたらす音楽。素晴らしい音楽。

細野晴臣さん、大瀧詠一さん、松本隆さん、鈴木茂さん。
今やどの方も日本音楽界の神として君臨されております。

はっぴいえんどを知らずして、日本のロックは語れない。
そんなかんじではっぴいえんど。ご一聴あれ。




ってなかんじで今日もリンクスは営業中!!!

今日は午前運動からのPC!!午後就活準備!!!

午前!!運動!!!
有酸素とヨガやっております!!!
整えていこう

PC!!
集中しております!!!


午後!!就活準備!!!
色々とやっております!!!
天気が良く、暖かくなってきたので今日はお散歩組がいましたね!!
そろそろ桜の季節やなあ




そんなかんじです。

今日は短めに。

コロナウイルスで色々と中止になってますね!!

こういう時に割を食ってしまうのがイベントなどの
クリエイティブや娯楽です。
イベントや公演は大きい会場にもなると何年も前から予約しているので、
主催者がそれこそ数千万〜億単位の損失になってしまいます。

大きい会社の損失ならまだしも、
収入が不安定な中小規模のアーティストや企画会社、
個人で開く冠婚葬祭事などならそれこそ
破産してもおかしくないぐらいのダメージを被ります。

娯楽やイベントは何かと軽視されがちですが、
人生に彩りを与え、未来を作る創造のタネとなります。

パンデミックのリスクがあるのはわかりますが、
一方で未来を担う創造のタネを「自粛」という名の経済制裁で
ことごとく潰していることを忘れてはいけません。
(そもそもイベントが自粛なのに通勤が自粛にならないのが謎)

コロナウイルスで亡くなる方より「コロナ自粛」が原因で
希望を断たれ自死してしまう人の方が多くなったりしないよう、
なんでもかんでも行動を縛らない形であってもらいたいものですね!!