んにちはリンクス川越事業所の石川です。

日の座学は、特別編「障害特性を説明できるようになろう」ということで、縁あってクストワン武田さんがZOOMで講義をしてくれました。

KimochiPlusというサービスを体験させてもらい、メンバーさんそれぞれが自分の取扱説明書・トリセツを作りました。選択肢をチェックして、自分のんでいることや困っていること」「策」「慮してほしいこと」をまとめました。自分と同じ障害を持つ人達がどんな困りごとなどを持っているかを眺めながら取り組めるので、参考になったようです。就活面接で大切なことも教えてもらいました。
さん就労や生活の維持・向上のために利用していただければと思います

LINE_ALBUM_ゲーム_220824_0LINE_ALBUM_ゲーム_220824後は、「ワーリング・ウィッチクラフト」がリンクスで初プレイされていました。
どうも、自分の材料消費して、隣の人の材料をあふれさせるゲームだったようです。私は、作業のサポートをしながら、聞こえてくる会話をくとはなしに聞いていたのですが、あるゲームの名前が頭の中に去来しました。「ぷよぷよ」。少年時代に完膚なきまでに叩きのめされた記憶がよみがえってきます。「ぷよぷよ」は敗北の記憶とともにそっと胸にしまっておくことにします