リンクス川越事業所の、週3ぐらいで更新するよ日記

就労移行支援事業所の「リンクス川越事業所」が送る、エンターテイメント日記。 事業所は川越市の新河岸駅近くにあります。ぜひみなさん遊びに来てください。

リンクス川越事業所の、週3ぐらいで更新するよ日記 イメージ画像
就労移行支援事業所リンクスの日記です。@川越、新河岸。
施設利用のご相談、お気軽にどうぞ。
サイトURL:https://www.yamasho-links.com

福祉

私の名前はL・K・フロッグ。ここ時の街、川越で人間を探求している。リンクス川越事業所、ここは様々な人の「働く」をサポートしている障害福祉事業所だ。私はここに流れ着いて、まだ1年にも満たないが、ここを古巣としている人もいる。今日も、リンクスの就労移行を利用して
『「働く」をサポート!』の画像

私の名前はL・K・フロッグ。ここ、時の街川越で、人類の歴史を見届けている。リンクス川越事業所、障害福祉事業所として、様々な人の「働く」をサポートしている。そっちは、どうだった。午前中「座学」の時間、みんな塗り絵をしていた。 午後、メンバーのみんなが主体で「ミ
『「川越、カエルの詩」ーWing of desire』の画像

6/3(土)に予定していた「かわごえピクニック」ですが、当日の悪天候が予想されるため中止になりました。参加を予定、検討されていた方にはご迷惑をおかけします。またお会いできる機会を楽しみにしています。次回は、9月にウニクス川越にて開催する予定とのことです。
『※イベント中止のお知らせ!ー6/3(土)「かわごえピクニック」』の画像

L・K・フロッグ。年齢不詳。独身。国際ケロリスト連合人類文化研究所日本支所所属研究員。 ここにくぎ付けにされて、一昼夜になる。奴らはまだハイウェイに粘っているようだーヒキガエルどもめ。足にもたれかかってくる〈空罐〉の重さが耐え難かった時期は過ぎ去り、〈空罐
『「かわごえピクニック」 ※ストルガツキー兄弟の小説ではないので<黄金の玉>はない。タルコフスキーでもないので<部屋>もない。しかし・・・コップは。』の画像

私の名前はL・K・フロッグ。江戸の情緒を今に残すレトロな街「蔵の街」川越で人類の営みを見守っている。リンクス川越事業所、ここは障害福祉事業所、様々な人の「働く」をサポートしている。”お知らせ” View this post on Instagram A post shared by
『「リンクス蔵マルシェ」5/25(木)10:00~14:30』の画像

↑このページのトップヘ